夏休みに入る前に知っておきたいこと

先生の困ったQ&A
新任教師
初任教師です。
夏休みがいよいよ始まります。子供たちには、夏休みにしかできない体験をたくさんしてほしいのですが、夏休み前に子供たちにどんなことを伝えればいいでしょう。
また、二学期のスタートに向けてクラスの準備で気を付けることを教えてください。
T.M 先生
夏休み中、子供たちには多くの体験を。
教師は二学期に備えて教材研究や座席表の作成を。

夏休み前、子供たちへの伝え方

子供たちには、夏休みという期間に多くの体験をしてほしいと思います。しかし、家庭環境など様々な事情があります。特別な体験をできない子もいますので、配慮が必要になります。
私は、「どのようなことでもいいから、夏休みの間にやり切りたいというものを一つ決めなさい」とアドバイスします。例えば、ふだんは読まないような分厚い本に挑戦する、朝早くに起きて家の周りをランニングするなどといったことです。せっかくの長期休業なので、「継続は力なり」ということを体験してほしいと思います。

二学期のスタートに向けて

もう一つの質問である、二学期のスタートに向けての準備ですが、初任の教師であれば、教材研究に力を入れてほしいと思います。
最初に行ってほしいのは、教科書を全て読むことです。二学期以降の単元の全てに目を通します。さらに、それに関する指導法をTOSSランドで検索し、プリントアウトします。それをノートに貼り付けて、教材研究ノートを作成します。夏休みで人気のない職員室ですから、 作業もスムーズにいくと思います。
教材研究のほかに行ってほしいのは、行事などの見通しを持つことです。二学期に運動会や遠足が行われるのであれば、昨年度の計画書をプリントアウトして目を通しておきます。こうしておくことで、行事に対するイメージを持つことが可能になります。

座席表の決定

一学期の間、子供の様子を見て、交友関係などもつかめたはずですから、二学期をより安定的に過ごすために、座席表を作成します。配慮を要する子など、各自様々な事情があります。ですから、決してくじ引きなどで座席を決めてはいけません。教師の目で座席表を決定しておきます。

いいね! ←まだ「いいね!」はありません。ぜひ最初の「いいね!」をお願いします♪
Loading...